更年期とうつ病

更年期のうつ病の症状

更年期障害のうつ病ではホルモンの量が大きく関係しています。
閉経前になるとエストロゲンというホルモンが低下していきますが、これが低下すると、ホルモンのバランスが崩れ、ストレスに弱くなることが分かっています。
そうすると感情のコントロールが難しくなりうつの症状が出てきてしまうのです。
また更年期障害で女性らしさが失われていくことが精神的なショックにもなる人が少なくありません。これをサプリメントで改善を目指すならば、まずは脳内を活発にするようなセロトニンを含んだようなサプリがおすすめです。あとは女性らしさを取り戻せるような、肌の張りを与えたり、美白効果のあるようなビタミン系のサプリメントも効果的でしょう。

うつと更年期障害の見分け方

汗40代後半あたりから発症する更年期障害は身体の異変だけではなく、精神にも悪影響を与えるのでうつ状態になるケースがあります。
本当にうつになっているのか、更年期障害から波及したものなのか、その見分け方は精神以外にもたらす症状に目を向ける事です。
まず更年期の場合は、顔や身体全体にほてりが出ます。
ホルモンバランスが崩れる事で体温調整に異常を来し、このような症状が現れます。
さらに気持ちが落ちるというよりもイライラする事が多いのも更年期の特徴ですから、自分の状態にしっかり目を向けて考えてみましょう。
更年期であればサプリメントなどで予防と解消を促進させる事が出来ます。
漢方のサプリメントなど根本から体質を変えてくれるようなものがよいでしょう。

更年期サプリは美容に効果がある

更年期サプリで美容効果更年期サプリには、美容効果も優れる原料が豊富に含まれています。
プラセンタが含まれている場合には、各種のビタミンやミネラルに加えて、アミノ酸の分量も豊富になります。さらに、潤いを保つために必要な成分が含まれることもあるため、乾燥しやすい時期に使うこともおすすめです。マカなどの植物原料が含まれる場合でも、更年期サプリが持っている美容効果は相乗的に高くなります。普段の食事では栄養を十分に吸収することが難しかったり、摂取しても吸収率が悪くて効果が半減することがありますが、更年期サプリを選べば安心です。原料の成分を凝縮しながら、飲みやすい形状にしてあるため、美容効果を毎日のように安定させることができます。

更年期サプリにはたくさんの種類がありますが、そのなかでも試しやすいものを紹介したいと思います。
更年期サプリはメーカーや成分、価格や購入コースの違いもあり、それぞれ良さも変わってきますが、初めに飲みやすいものであれば、無添加で無香料のプラセンタの配合されたエイジングリペアなどは、お試し期間として45日間の返金を保証して合わない場合は解約が可能となっています。
AMCのサプリは、大豆のイソフラボンをメインとしたサプリで効果のなかった方へおすすめで、特別な成分に注目して作られた錠剤が3ヵ月の定期コースで20%offとなっていておすすめです。他にもマカを使用したフルミーはキャンペーン中で価格も安いです。

更年期サプリと漢方の効果の違い

漢方の効果とは?更年期サプリには、人体が不足していると思われる成分を配合させることで、対応する症状を局所的に改善させる効果があります。一方で、漢方の場合には陰陽五行などの理論を使いながら、体の自然治癒力を最大限に高めて対処する特徴があります。
血液や気力が不足している場合には、大いに補うための生薬を複数の種類で配合して、効き目が多角的に広がるように配慮します。一般的な更年期サプリの場合には、目的が明確で用途も限定的になることがありますが、漢方の場合には非常に広範囲に問題を解決するのが得意です。のぼせと冷え性は相反する症状なのですが、漢方では寒性や温性の生薬を絶妙に配合することで、両方の症状を安定的な形で癒やすこともできます。

エクオールを作ることのできる人とできない人の違いとは

更年期障害や生理不順、月経前症候群など女性特有の症状の改善に、効果があるとして近年話題となっているのが「エクオール」という成分です。
この成分は大豆に多く含まれるイソフラボンが、腸内にいる菌によって変換され作られる物質です。
女性ホルモンにエストロゲンと同じような働きをする事から、更年期障害の緩和などに効果が期待出来ると言われてきました。
ただ、腸内で作られるといっても、実は出来る人と出来ない人とがいます。
エクオールが出来にくい人は、日頃から大豆製品を食べていない、喫煙が習慣になっているようです。
作る事が出来る人は、大豆製品や野菜を多く食べているという違いがあります。

エクオールを作れるような体にするには

エクオールは大豆製品に含まれる、大豆イソフラボンを摂取する事で、腸内で作られる成分です。
女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする事から、更年期障害の対策に有効と言われています。
ただ、中にはエクオールが腸内で作れない、また作られたとしても少量という方もいるようです。
作れるような体にする為には、腸内環境を良くする必要があります。
善玉菌を増やすような食生活を心がける、また日頃から大豆製品や野菜を多く食べる事もおすすめです。
タバコを吸っている方は、エクオールを作る機能が弱いと言われているので禁煙する事も有効です。

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によって代謝され生成される栄養素なので、大豆を積極的に食事で摂取する事で体内の総量を増やす事が理論上可能です。しかし、大豆を日常的に食事から摂取している年齢層でもエクオール産生菌の保有率は約4割強程度で、大豆の摂取量の少ない若い世代の産生菌保有率は欧米人並みの10%台と非常に低くなっています。その為、産生菌の保有率の若い世代では産生菌の保有率が低いので、大豆を積極的に摂取しても食事からエクオールを摂取できない可能性もあり、ソイチェックで産生菌の有無を確認した方が良いとされています。

エクオールは、体内でエストロゲンの100分の1から、1,000分の1の働きを示すので、加齢により機能低下した卵巣のエストロゲン分泌量の低下を補い、プレ更年期障害のほてりやのぼせ、イライラといった症状の緩和及び改善に非常に効果が期待できるとして人気の成分です。エクオールは、大豆イソフラボンの様に正常な遺伝子構造維持するトポイソメラーゼⅡの働きを阻害する亢進反応も無く、過剰に摂取しても非常に安全なので安心して服用することが出来ます。又、エストロゲンの減少が起因とされる骨粗鬆症や中年の肥満症などの症状改善や予防にも有効です。

エクオールを摂るならおすすめ
エクオールサプリメント(http://konenki-sapuri.com/)
小林製薬のエクオール(https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/54530.html)
エクオールを作れるカラダですか。ソイチェックなら(http://www.dinos.co.jp/p/1110422159/)

MENU